坂本木材建設

ブログ

2017.03.05

東濃桧

協同組合東濃地域木材流通センターさんで東濃桧の市に参加するようになって15年経ちます。

今思えば、当時私は国産の桧というものについてほとんど知識がなかったと思います。

恥ずかしながら桧の柱を見てもそれが桧だとはっきりとはわかりませんでした。

いわんや、山に生息している桧の木がどのようなものなのか皆目見当もつかないこと。

実際にその場所で自らの目で見て感じてみないと分からないことはたくさんあります。

以前、センターの方々が「木曽ヒノキ備林」の見学会を主催してくれました。(親切にいろいろと教えていただきました)

手入れが行き届いた森林、そこにはきれいな空気と美味しい水。

樹齢300年とも400年とも言われる桧の木々は雄大で神聖さを纏ってるように感じました。

今でもその情景ははっきりと覚えていて、ついつい人に話したくなってしまうのです。

坂本

3 / 41234