坂本木材建設

ブログ

2018.03.20

住宅設備の延長保証

キッチン・バス・エコキュートなどの住宅設備は必ずいつかは故障します。

毎日毎日使っているわけですから壊れても仕方がありません。

でも故障すると一番生活に困るのも住宅設備。


そこでメーカー保証について調べてみました。

坂本木材建設がよく使う住設の通常保証期間は以下の通り。


トイレ(TOTO) 便座部(1年間)、便器部(2年間)、便器部防水機能(5年間)

システムバス(TOTO) 電気製品(1年間)、バス本体・水栓金具(2年間)、防水性能,浴槽貯水性能(5年間)

エコキュート(コロナ) 購入から2年間。コンプレッサー、熱交換器(3年間)、缶体(5年間)

システムキッチン(タカラスタンダード) 1年間


基本的に1年間か2年間と考えておいたほうが良さそうです。

一度保証期間が切れてしまうと修理を受けたときに数万円かかることになります。


そこで水廻りの延長保証。

TOTOの「延長保証制度」はネオレストで18,000円(10年保証)、2,800円(5年保証)。

システムバスは21,000円(10年保証)、6,600円(5年保証)。

コロナの「延長保証システム」はエコキュートで10,800円+消費税(5年延長修理保証)、23,238円+消費税(8年延長修理保証)、28,381円+消費税(10年延長修理保証)。

修理は購入金額の範囲内で無料です。

タカラスタンダードはホームページを見る限りでは見当たりませんでした(ひょっとしたらあるのかもしれません)。


延長保証にかかる費用が安いととらえるかどうか・・・・

経験で言いますと、トイレとエコキュートは特に故障が多いような気がします。

だから可能な限り長期間延長保証を利用したほうが結果的に得なのではないでしょうか。


延長保証はインターネットかハガキでの申し込みになります。